| Admin | Write | Comment |
なすびとうり2頭のラブラドールとの生活の記録です。 だいたいは…。 それ以外のことも出てくるかも。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 なす姉]
[12/10 まめあん]
[12/10 なす姉]
[12/10 なす姉]
[12/08 noko]
最新記事
プロフィール
HN:
なすうり姉
性別:
女性
自己紹介:
●なすび 黒ラブ 1997年4月16日生まれ
●うり  白ラブ 2003年10月1日生まれ
●姉さん 普通のヒト
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

輸入物のお店で、ついつい乗せられて買ってしまった「ざくろ茶」
zakuro.jpg
一日一杯で美肌効果とか、
楊貴妃とかクレオパトラも飲んでたとか、
更年期障害にもいいとか、
なんだかんだ色々口上はあったが、
何となく、この色と、
ざくろの味の懐かしさに誘われた。

毎日仕事中に飲むコーヒーをこれに変えれば、
すこしは美容にもいいだろうと思ったり。

トローリと水あめ状の液体、
スプーン3~4杯をお湯に溶かして飲む。
甘さと酸っぱさが入り混じっていて、
美味しい。

けど、ざくろってこんな味だっけ??

子供の頃は、しょっちゅう口にしていた。
チュっと一瞬の甘さ、残りは種。
それを一粒ずつ口に入れながら楽しむ。
よく考えてみると、変な食べ物だ。
食べるところなど、ほどんどないんだから。
味がよく思い出せない…。
食感は思い出せるのになぁ。
最近はざくろの木など、めったに見なくなった。

あのざくろから果汁を取り出して濃縮するなんて、
いったいどのくらいの量のざくろが必要だろうと思う。
「ざくろは血の味」なんてフレーズが思い出されるけど、
たくさんのざくろの命がつまった、一瓶を、
心していただきます。
美肌効果もありますように…。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Mail
URL
Comment
Font-Color
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
noko
あたしの誕生石はガーネット。
ざくろ石ともいうんだよね(*^_^*)

なんとなく好きだな、ざくろ。

10年くらい前、
体調がよくない時期だったから
藁をもすがる思いでカゴメからでてるドリンクを箱で買って飲んだことがあるけど
言われているような効果ははない、って研究結果がでたらしいね(^^ゞ

でも、
見た目がきれいだし
あまずっぱい味が楽しめるだけでもいいよね♪
2007/02/03(Sat)08:49:27 編集
無題
なすうり
そうなの?
美肌効果は望めない?
なぁんだ、ちょっとガッカリ。
(ちゃんと期待してたってことだ)

色もきれいだし、結構美味しいから、
一瓶終わるまで、頑張って飲み続けます~。

だけど、nokoさん、10年位前にそんな体調の悪い時期があったとは…。
今はもう大丈夫なの~??
2007/02/05(Mon)12:07:35 編集
無題
noko
ねえさん。
そうなのよ~10年よりもっと前だな、
30代のころは
けっこう調子わるかったのよ。
あちこちの病院で検査したり
漢方薬飲んだり
整体通ったり
いろんな本を読んだり。
ストレスや睡眠不足から
ホルモンのバランスがくずれたみたい。(^^ゞ

ここ数年は、体調わるくないよ~~♪
あちこちお出かけもできてるよ~♪←でへへ、よくご存知だよね(^^ゞ
2007/02/05(Mon)21:06:41 編集
無題
なすうり
今はすこぶる肌もツヤツヤで、健康そうだから、
そんな時期があったなんて知らなかったです。
女性の身体は微妙だもの、
これからも気をつけてね。
健康の秘訣は、犬のように楽しく生きて、
美味しいもの食べてよく寝ることかな?
2007/02/06(Tue)11:57:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]
Powered by NinjaBlog * Copyright(c) なすびとうりの雑記帳3 All Rights Reserved.
photo by Art-Flash * designed by Himawari-you忍者ブログ*[PR]