| Admin | Write | Comment |
なすびとうり2頭のラブラドールとの生活の記録です。 だいたいは…。 それ以外のことも出てくるかも。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 なす姉]
[12/10 まめあん]
[12/10 なす姉]
[12/10 なす姉]
[12/08 noko]
最新記事
プロフィール
HN:
なすうり姉
性別:
女性
自己紹介:
●なすび 黒ラブ 1997年4月16日生まれ
●うり  白ラブ 2003年10月1日生まれ
●姉さん 普通のヒト
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Imgp2441.jpg週末はお留守番が多かったね。
でも、お天気も悪かったし、
どちらにしても出かけられなかった。
私が出かけるのを冷たい目線で見送るうり。
曇り空…。 

昨日はヨーロッパ企画「ブルーバーズブリーダーズ」を観にいってきた。
ずっと以前から観たいと思っていた劇団。
ステージ上の小さめのスクリーンで劇団のDVDの宣伝。
暗転してからこのお芝居の前触れが、同じスクリーンで始まる。

世界中が青い鳥ブームの世の中。
ある会社が青い鳥を捕獲しようとプロジェクトチームをつくり、
そのための最新機器等も開発し、
いざ、青い鳥がいるという山の中に…。

捕獲チームの織り成す普通(過剰な普通)の日常的なドタバタのなか、
ストーリは全く展開せずに終わる。
なんのこっちゃなお芝居だ。
だが、そこに私たちの日常の真実を見る感じ。
ばからしさをばからしく、
意味のないものは意味のないものとして堂々と描く痛快さ。
それぞれのキャラクターもはっきりしていて、気持ちがいいほど。
テンポも良くて、全体を通して、迷わず笑える。
すべてのドタバタを下手手前にいる青い鳥がずっと見ている。

表現するには、いろんなやり方があるんだ。
その方法は、無限。
そう感じることができたお芝居だった。

劇場を出ると、雨は本降り。急いで車まで走り、帰路へ。

犬たちは7時間のお留守番の間、いい子にしていたようだ。
帰宅後あいにくの雨の中、早々にお散歩に出る。
人ではなく犬と向き合う日常の散歩の時間は、
私にとってはとてもリアルな時。
当然めんどくさいこともあるけど…それもまたよし。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Mail
URL
Comment
Font-Color
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [4]
Powered by NinjaBlog * Copyright(c) なすびとうりの雑記帳3 All Rights Reserved.
photo by Art-Flash * designed by Himawari-you忍者ブログ*[PR]