| Admin | Write | Comment |
なすびとうり2頭のラブラドールとの生活の記録です。 だいたいは…。 それ以外のことも出てくるかも。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 なす姉]
[12/10 まめあん]
[12/10 なす姉]
[12/10 なす姉]
[12/08 noko]
最新記事
プロフィール
HN:
なすうり姉
性別:
女性
自己紹介:
●なすび 黒ラブ 1997年4月16日生まれ
●うり  白ラブ 2003年10月1日生まれ
●姉さん 普通のヒト
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなへんな途中で休んでしまってごめんなさい。
なすびは大丈夫なので、
安心して続きを読んでね。



翌朝の月曜日、私は供血するうりを連れて病院に向かっていました。
その途中、病院から電話。

先生の話では、今朝の血液検査の結果は芳しくなく、
このまま手術すると出血が止まらなくなる危険があるということでした。
「今日は手術ができないということですか?」と聞くと、
先生は二つの選択肢があると
ひとつは、手術を諦め、あと数日を自宅で過ごす。
もうひとつは危険を承知で今日チャレンジする。
手術するために残された時間は、今日か遅くとも明日までという判断でした。
「それがどれくらい危険なものか、私にはよく解らないんです」
「大変危険としか言えません」と先生。

「なすびの様子はどうでしょうか」と聞くと、
昨日は食事も全部食べ、穏やかに過ごしているということ。

それで決断しました。
食事を全部食べたということは、
なすびははっきりと意志表示をしているのだと思いました。
「今、うりを連れて向かっています。
今日手術をしてください」と答えました。

先生と話をして、うりだけでは血液が足りないかもしれないということだったので、
急いで従兄の家にいる、うりの兄弟のサンちゃんにも供血をお願いしました。
幸い快く引き受けてくれました。

病院に到着して、まずうりの血液検査。
検査結果は問題なし。
うりは診察台で暴れまくると言ってあったので、
沈静をかけて採血しました。
400ml。うりも頑張ってくれました。
うりはその時点で朦朧としていたので、病院に預かってもらうことに。
うりの犬舎の隣では、なすびが点滴のための血管確保の処置をしてもらっていました。
なすびが興奮してはいけないと思い、後ろからそうっと見ました。

私はすぐサンちゃんを迎えに戻りました。
サンちゃんのお母さんは、今すぐに動けないということだったので、
サンちゃんだけお借りして再び病院へ。
ちょうど病院に戻ったころ、なすびの手術が始まろうとしていました。

「ここで自由に見ていていいですよ」と椅子を用意してくださり、
ガラス越しに手術を見学させてもらいました。
待合室に待機してもらっているサンちゃんのところと、
手術室を行ったり来たりしながら、私はなすびの手術の時間を過ごしました。
その時傍にサンちゃんがいてくれて、本当に良かったと思っています。
サンちゃんに触れていると、心が休まり希望を感じるんです。
改めてワンコの力の偉大さを感じました。

なすびの手術はおおむね順調に進んでいるように見えました。
その病院には院長先生と副院長先生の他に、
麻酔を管理している方、手術のサポートをしている方、
おそらく獣医師の卵のような若い先生が3名ほど、
手術室には7名の獣医師(と思われる)がいました。
若い先生は、台の上に乗ってなすびのお腹の中を覗き込んで見ていました。

こちらから心拍や血圧?などを管理しているモニターが見えます。
途中、心拍が下がりすぎているように思えることもあり
ドキドキの連続でしたが、先生は落ち着いて処置しているように見え、
いくつかの塊をお腹の中から取り出していきました。
肝心の腫瘍はお腹の奥の方にあり、
そのために他の臓器を押しのけているのを見ると、
不安でいっぱいになったり、それは肝臓ではないの?と思う部分を切除した時は、
もうダメってことかも…と思ったり。

そして、手術の途中でサンちゃんからも採血をしました。
サンちゃんから350mlほどの血液をもらい、
すぐに手術に使いました。
サンちゃんはイイ子だった。
うりの兄弟なのに、どうしてこんなに違うのか…。

サンちゃんのお母さんが駆けつけてくれたころ、
なすびのお腹を閉じる作業が始まっていました。
手術は2時間半くらい。
長いような短いような時間でした。

先生に呼ばれ、取り出した臓器を見せてもらい、説明を受けました。
まず腫瘍はSSサイズの卵ほどの大きさで、その周りに出血して固まった血液が
いっぱいドロッとつながっています。
前の手術の時に見たレモン大のものは、この一部だったわけです。
患部の副腎も摘出しました。大きさは小指くらい。
それから、思った通り肝臓の一部を摘出していました。
そこには梅干しくらいの大きさのしこりがありました。
もうひとつは脾臓。
薄っぺらいけど、20cm×5cmくらいの長細い臓器でした。
それは紫色に壊死した状態でしたので、全部摘出されました。

先生は「悪いところは全部取りました」とおっしゃいました。
そして、「思った以上に状態がいいです。もっと出血すると思っていましたが、
出血も止まりかけており、麻酔の覚めも非常にいい」
とのこと。
その言葉を聞いた時の感想は、
「なすびだから、当然そうだと思ってた」というのが正直なところです。
このあと入院して血液の状態を管理、
DICの治療、残った副腎のホルモン作用のチェックを続け、
あと3日がヤマで、それを超えれば「もうけもん」と思っていいとおっしゃいました。
とてもぶっきらぼうの先生ですが、
手術の成功を、とても喜んでくれているように見えました。

麻酔から醒めかけたなすびをしばらくの間そっと見て、
その日はうりを連れて帰宅。
うりは沈静が覚めず、ヘロヘロ状態で、ちょっと心配でしたが、
私は帰りの車の窓から見える景色が、朝とは全く違っているなぁと感じました。

という怒涛の一週間だったわけです。
 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Mail
URL
Comment
Font-Color
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
deniz
涙がとまらないよ。
2010/07/07(Wed)19:24:48 編集
無題
noko 
なすの回復を祈ります!ただひたすらに。
2010/07/07(Wed)20:35:18 編集
無題
スイスイ
なすは、まだまだ大丈夫!
2010/07/07(Wed)21:12:08 編集
無題
ねねっち
うん、だいじょうぶ。


私も祈っています。
2010/07/07(Wed)22:06:21 編集
無題
ぷりんまま
だいじょうぶ
なすびはだいじょうぶです。

なす姉・・おねがいね。
祈ります。
2010/07/07(Wed)22:45:46 編集
無題
まめあん
なすび~ おいしいものをまだまだ食べなくちゃ
がんばれ、なすび~
2010/07/07(Wed)23:27:47 編集
無題
なす姉
deniさん
のこさん
スイスイ
ねねっちさん
ぷまま
まめあんさん

まとめレスでごめん!

みんなの思いがなすびに届いていると思います。
今もなすびは病院で頑張っていて、
絶対に戻ってきてくれると思っています。
また、お散歩の様子や、
なすび~こんなに食べちゃったよ~
みたいな話ができるように、頑張る。
見ていてくださいね!
2010/07/08(Thu)13:30:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[94] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
Powered by NinjaBlog * Copyright(c) なすびとうりの雑記帳3 All Rights Reserved.
photo by Art-Flash * designed by Himawari-you忍者ブログ*[PR]